子どもと一緒に登山2

kodomoyama.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

西山・犬鳴山縦走

2016年5月8日(日)晴れ
福岡県久山町にある西山(645m)と犬鳴山(584m)を縦走
低山ですが山深く、道迷いの可能性もある山域です。

この日は、地域清掃があり出発が遅くなりました。
10:22 犬鳴ダムピクニック公園駐車場 10:22 縦走へ出発 10:25 ダム最深部の分岐を左へ
d0345153_11245371.jpgd0345153_11260622.jpgd0345153_11261944.jpg






10:25 舗装道路を歩きます  10:34 御別館跡を過ぎ     10:39 登山道へ
d0345153_11263770.jpgd0345153_11265739.jpgd0345153_11272506.jpg







10:39 ダムで移転された墓石群 10:41 薦野峠へ向かう 10:43 薦野峠への道
d0345153_11274528.jpgd0345153_11283039.jpgd0345153_11284485.jpg






案内板には
『犬鳴古道は、2005年の風雪被害で通行不可になっていました。
倒木撤去により通行できるようになりました。』
と書かれていました。
実際歩いてみると、今でもかなりの数の倒木があります。
倒木除去には、大変な苦労があったのではないでしょうか。

10:47 案内板      10:54 倒木を越えて行く    11:15 倒木を潜り抜け
d0345153_11290038.jpgd0345153_11292302.jpgd0345153_11300965.jpg






薦野峠への登山道で、杉の植林帯だけが傾斜があります。
そこに行くまでの道のりは、緩やかな道でした。

11:35 杉の植林帯を登る  11:41 こもの峠にも案内板がありました。
d0345153_11304789.jpgd0345153_11310018.jpgd0345153_11312615.jpg







11:41 清滝からの登山道   11:48 西山へ向かう   11:48 西山への登り
d0345153_11314528.jpgd0345153_11315861.jpgd0345153_11323619.jpg







12:03 山頂直前は、平坦な道  12:10 西山山頂    12:20 西山からの眺め
d0345153_11332822.jpgd0345153_11341826.jpgd0345153_11370378.jpg







12:30 西山から犬鳴山へ向かう 12:32 薦野峠への道    12:44 薦野峠
d0345153_11380935.jpgd0345153_11382782.jpgd0345153_11384831.jpg






12:46           12:56 古賀高校鍛錬遠足コース  12:58  
d0345153_11394183.jpgd0345153_11400510.jpgd0345153_11402116.jpg






13:06          13:40 高揚山529m     13:48 御別館跡分岐
d0345153_11411595.jpgd0345153_11413655.jpgd0345153_11421862.jpg







13:56 鉄塔        14:01 鹿見岐      14:01
d0345153_11423451.jpgd0345153_11424671.jpgd0345153_11430543.jpg







14:14 椿峠       14:21 迷わないように木に目印  14:46 
d0345153_11431899.jpgd0345153_11440326.jpgd0345153_11441586.jpg







14:49 4等三角点『猪野』                 14:50 みつばつつじ群生地
d0345153_11445184.jpgd0345153_11451406.jpgd0345153_11454485.jpg







14:58 歩きやすい縦走路    15:00 猪野越      15:03 
d0345153_11455475.jpgd0345153_11460907.jpgd0345153_11464328.jpg







15:09           15:22 林道を歩く     15:27 犬鳴山への取付き点
d0345153_11484358.jpgd0345153_11490478.jpgd0345153_11492248.jpg






15:36 犬鳴山コース⑥標識  15:40 山頂まで5分   15:46 犬鳴山からダム方面の眺め
d0345153_11500584.jpgd0345153_11501854.jpgd0345153_11504668.jpg






15:47 西山方面の眺め  15:47 犬鳴山山頂三角点  15:50 ダム登山口へ
d0345153_11505615.jpgd0345153_11511004.jpgd0345153_11512490.jpg







山頂まで5分の標識は、ダム登山口側にもありました。
15:53 山頂まで5分   15:56 ダム・藤七谷分岐  16:14 ダム登山口案内
d0345153_11513875.jpgd0345153_11515595.jpgd0345153_11520885.jpg






16:41 ダム登山口    16:41 ダム周回路を歩く  17:17 駐車場へ
d0345153_11522033.jpgd0345153_11523238.jpgd0345153_11530980.jpg








犬鳴ダムピクニック公園~17分~登山口~60分~薦野峠~21分~西山
西山~14分~薦野峠~76分~鹿見岐~10分~椿峠~46分~猪野越~20分~林道~23分~犬鳴山
犬鳴山~6分~犬鳴ダム・藤七谷分岐~45分~犬鳴ダム登山口~36分~犬鳴ダムピクニック公園駐車場
薦野峠~鹿見岐と犬鳴ダム登山口に下りるところで、若干の時間ロスがありました。


*縦走路で出会った登山者は、一人だけでした。
適度なアップダウンの縦走路、自然林の中を行くので楽しいです。
ダム登山口から駐車場まで舗装路を歩きます。
駐車位置を、ダム登山口寄りにすれば良かったと思います。

『かず』の一言『面白い山でした。みなさんも絶対行った方がいいです。ダム建設で水没した町が意外と大きな町だったことを知りました。』
[PR]
by kazunoko0911 | 2016-05-26 18:58 | 福岡県(百名山以外) | Comments(0)
2016年5月5日(木曜)こどもの日 晴れ
今回の山行も、『福岡県超低山100』に掲載されている筑豊地区の山に登ってきました。

11:17 安国寺駐車場    11:17 駐車場に設置されていた案内図  11:18 安国寺へ
d0345153_20434924.jpgd0345153_20440285.jpgd0345153_20441687.jpg






11:18 自然歩道案内図     11:20 不知火光五郎関の碑  11:25 安国寺
d0345153_20442925.jpgd0345153_20444345.jpgd0345153_20452471.jpg






安国寺から梅林公園内の道に進み、園内を見て回りました。

11:28 梅林公園      11:36 梅林公園左奥の道から
d0345153_20454493.jpgd0345153_20460176.jpgd0345153_20461726.jpg









11:40  自然林の登山道   11:42 三高山分岐    11:45 座禅石
d0345153_20463640.jpgd0345153_20465369.jpgd0345153_20473833.jpg






11:50 三高山分岐に戻る   11:51 奥ノ院    11:52 奥ノ院のベンチで休む『かず』
d0345153_20482082.jpgd0345153_20484383.jpgd0345153_20490661.jpg







11:57 白馬山山頂へ向かう  12:04 バクチノキ      12:15 白馬山山頂手前の坂
d0345153_20492068.jpgd0345153_20494914.jpgd0345153_20501672.jpg







12:17 白馬山山頂     山頂三角点(眺望はありません)   12:38 昼食後、大法山へ
d0345153_20502990.jpgd0345153_20504332.jpgd0345153_20505873.jpg






12:40 三高山・大法山縦走路分岐 12:44 猪の露天風呂 12:45 大法山への縦走路
d0345153_20511209.jpgd0345153_20514252.jpgd0345153_20515724.jpg






12:47 大法山山頂     12:49 分岐       12:51 大岩の間を通り抜け
d0345153_20523852.jpgd0345153_20525309.jpgd0345153_20530691.jpg







12:52 鎖場を越え(迂回路あり)  12:56 ベンチやテーブルが設置されている縦走路
d0345153_20534341.jpgd0345153_20540224.jpgd0345153_20541813.jpg







13:03 第一展望台三角点     第一展望台からの眺望   13:19 
d0345153_20562267.jpgd0345153_20564185.jpgd0345153_20570472.jpg







13:22 鬼子母神堂石仏    鬼子母神堂        13:24 槍ヶ岳借景  
d0345153_20571505.jpgd0345153_20572878.jpgd0345153_20585325.jpg







13:34 大法白馬山自然歩道案内図  13:37 安国寺へ     13:39
d0345153_20590581.jpgd0345153_20592220.jpgd0345153_20594070.jpg






[山行]駐車場~5分~梅林公園~9分~座禅石~2分~奥ノ院~7分~バクチノキ~11分~白馬山
白馬山~9分~大法山~16分~第一展望台~10分~鬼子母神堂~15分~分岐~24分~駐車場
休憩時間(昼食時間)も含めて、全行程2時間40分
*鬼子母神堂から下りてきて、安国寺への道がわかりにくい所がありました。
*どちらの山頂も、眺望はありません。
*自然林の中を行くので、低山ですが気持ちの良い登山道です。
*かずの一言『登山道が舗装してあって、ビックリしました。鎖場も楽しかったです。』
[PR]
by kazunoko0911 | 2016-05-15 20:59 | 福岡県(百名山以外) | Comments(0)
2016年4月30日(土曜)晴れ
『福岡県超低山100』に掲載されている
関の山(359.1m)金石山(260m)大山(295.8m)3座を縦走しました。
縦走登山と言っても標高は300mほどの山、関の山に登った後は尾根歩きという感じでした。

11:01              11:02            11:08 しばらく進むと
旧いこいの森キャンプ場駐車場   登山道入り口に藤の花     関の山登山案内図
d0345153_19063457.jpgd0345153_19065678.jpgd0345153_19070859.jpg






11:08 一合目         11:30          11:33 石灰製造窯跡分岐
(このあと、水を忘れていたことに
気づき取りに戻り、20分程ロス)
d0345153_19231514.jpgd0345153_19251746.jpgd0345153_19255246.jpg






11:33 石灰製造窯跡    11:35 二合目        11:38 三合目
d0345153_19262273.jpgd0345153_19265211.jpgd0345153_19272215.jpg






11:39 庄内小学校の案内板  11:41 十本杉分岐      11:41 右側、山頂へ進む
d0345153_19275279.jpgd0345153_19282273.jpgd0345153_19285276.jpg






11:44 四合目     11:50 五合目(山頂への尾根)   11:51 山頂への道
d0345153_18564444.jpgd0345153_18570311.jpgd0345153_18573532.jpg






11:53 六合目        11:57 七合目          11:58 
d0345153_18575047.jpgd0345153_18580642.jpgd0345153_18582257.jpg






12:01 八合目      12:04 九合目       12:05 庄内小学校の案内板
d0345153_18583582.jpgd0345153_18584727.jpgd0345153_18590479.jpg






12:06           12:06          12:07 関の山山頂
d0345153_18592186.jpgd0345153_18593628.jpgd0345153_19000961.jpg






12:08 三角点       12:08 鳥瞰図       12:09 山頂広場
d0345153_19002809.jpgd0345153_10515065.jpgd0345153_10521162.jpg







d0345153_10522476.jpg



山頂は傾斜はありますが、広場になっていて沢山の登山者が昼食をとっていました。
木陰にはすでに登山者がいたので
見晴らし台のベンチで昼食をとったほうが良かったかなと思います。
山頂広場の穴        香春岳を望む       大正十一年の刻字のある石
d0345153_10540173.jpgd0345153_10560152.jpgd0345153_10561428.jpg






12:39 凧揚げしているこどもたち 12:41 九合目    12:43 八合目
d0345153_11031452.jpgd0345153_11024719.jpgd0345153_11034548.jpg






12:45 七合目        12:47 六合目      12:50 五合目分岐点
d0345153_11040639.jpgd0345153_11043274.jpgd0345153_11044657.jpg






12:50 五合目分岐を直進   12:53 見晴らし台へ    見晴らし台からの眺め
d0345153_11050473.jpgd0345153_11053496.jpgd0345153_11060243.jpg






12:57 見晴らし台分岐   12:57 大山・正面登山道分岐   12:58 関の山越え(田川分岐)
d0345153_11061812.jpgd0345153_11064102.jpgd0345153_11065477.jpg







12:58             12:59             13:02 登山道の藤の花
d0345153_11070582.jpgd0345153_11073615.jpgd0345153_11074746.jpg








13:06 金石山    13:09 遅れて『かず』が金石山へ   13:18 大山  
d0345153_11082161.jpgd0345153_11083403.jpgd0345153_11084719.jpg






金石山は、登山道の途中に標識があるだけで、標識がなければ気づきません。
『かず』が遅れたのは、ゴミを入れた袋から昼食に食べたスープが漏れていたから。
五合目の分岐から大山までは、勾配のゆるやかな尾根歩きです。

13:18 大山三角点      13:21 大山から英彦山を望む   13:34 金石山通過
d0345153_11091334.jpgd0345153_11094060.jpgd0345153_11102031.jpg







大宰府官道の関所があった時代に思いを馳せながら、旧道である大宰府官道を歩きました。


13:40 関の山越え(田川分岐)  13:40 旧道で登山口へ   13:42 旧道は整備されています
d0345153_11104578.jpgd0345153_11110110.jpgd0345153_11111449.jpg







13:44 十本杉分岐       13:46 三合目         13:48 二合目
d0345153_11112918.jpgd0345153_11114243.jpgd0345153_11135116.jpg







13:55 一合目
d0345153_11140763.jpg








旧いこいの森キャンプ場駐車場~7分~1合目~13分~十本杉分岐~9分~5合目分岐~17分~関の山
関の山~11分~5合目分岐~3分~見晴台~11分~金石山~9分~大山
大山~6分~金石山~6分~関の越え(田川分岐)~18分~駐車場



*自然林の山で、低山であっても眺望も良く楽しい登山でした。
*『福岡県超低山100』には、大山への登山道や大山山頂から北へ向かう登山道は荒れていると記載がありますが、整備された登山道になっていました。
*かずの一言『景色が良い山でした。』
*子どもと一緒に登山するのにお勧めの山です。①駐車場には簡易トイレが設置されています。山頂その他にはトイレはありません。②駐車場は20台ほど駐車できるのではないでしょうか。③駐車場近くにお店はありません。

[PR]
by kazunoko0911 | 2016-05-07 14:52 | 福岡県(百名山以外) | Comments(0)
春休みの大阪旅行で、インスタントラーメン発明記念館を訪れて
オリジナルのカップラーメンを作っていました。
d0345153_18311634.jpgd0345153_18310332.jpg








d0345153_18303420.jpg










ひとつは、カレー味。もうひとつは、カップヌードル味。1食300円。
市販のカップヌードルより、高めの値段設定ですが・・・
世界に一つだけのオリジナルヌードルが完成します。
『かず』は、絵柄を描くのが大変だったと言ってます。
[PR]
by kazunoko0911 | 2016-05-05 18:43 | 日々のこと | Comments(0)

登山記録


by かず