子どもと一緒に登山2

kodomoyama.exblog.jp
ブログトップ

68 鉾岳

2017年7月16日(日)晴れ
鉾岳(1277m)九州百名山地図帳

山の危険度★★★★☆(雌鉾に登れば★★★★★)
体力度★★★☆☆(子ども基準)
魅力★★★★☆
子どもと一緒に登山する場合の基準を星で表しました。
大人であれば楽な山も、子どもと一緒では難易度が違ってくると今までの経験から表してみました。
危険度★★★★☆は滑落の危険性がある山。
★★★★★は岩場へハシゴやロープを使って上がる必要がある山であることを表します。


屋久島永田岳以外の百名山はすべて登頂。
2017年春に屋久島遠征をしましたが、天候に恵まれず永田岳に登れていません。
来年春に再度チャレンジしたいと考えています。
今は、近くの低山と九州百名山地図帳の中で印象的だった山に再度登っています。


8:56 駐車場、きちんと駐車料金を支払い出発。     8:58 キャンプ場横を通過。
d0345153_20271785.jpgd0345153_20272916.jpgd0345153_20274532.jpg






9:06 登山口      9:08 木彫りの置物のお出迎え。 9:25 急登に息も絶え絶え。
d0345153_20280145.jpgd0345153_20281102.jpgd0345153_20282609.jpg






10:07 スラブ取りつき点   10:12 大滝         10:19 徒渉地点①
d0345153_20285837.jpgd0345153_20292612.jpgd0345153_20294533.jpg







徒渉点①から先は、危険な個所が多数あるので安全を確保して登山を行いました。
特に、ハシゴ①からスラブ上の登山道の間は、滑落すると命にかかわります。
子どもは何が起こるかわかりません。安全の確保だけはしっかりしておいた方がいいと思います。


10:46 ハシゴ①      10:48 ハシゴ②        10:59 ロープが張られた登山道
d0345153_20300101.jpgd0345153_20302673.jpgd0345153_20304079.jpg






11:06 スラブ上の登山道  11:11 徒渉地点②    ここで、昼食にしました。
d0345153_20305396.jpgd0345153_20312498.jpgd0345153_20313392.jpg






11:29 昼食後、鉾岳へ    11:34 林道出会い      11:39 林道から鉾岳へ
d0345153_20314846.jpgd0345153_20315817.jpgd0345153_20321976.jpg






11:51 鉾岳(雄鉾)山頂    11:51           12:36 雌鉾
 d0345153_20322814.jpgd0345153_20325280.jpgd0345153_20331172.jpg






13:02 雌鉾分岐     13:09 林道出会い    13:27 展望所からの鉾岳
d0345153_20334752.jpgd0345153_19563688.jpgd0345153_19565791.jpg









滝見新道を利用したほうが、鉾岳の魅力が増します。
滝見新道を復路に利用しましたが、傾斜がきつく往路に利用したほうが安全です。
子どもには、滑落防止のスリングを装着して下山させています。

13:40 鉾岳展望所分岐    13:55 滝見新道を下りる  14:10 
d0345153_19571597.jpgd0345153_19575124.jpgd0345153_20003586.jpg








14:17 大滝をバックに記念撮影  14:19 滝見新道分岐  14:23 徒渉点①
d0345153_20005715.jpgd0345153_20011534.jpgd0345153_20015034.jpg









14:53 登山口       14:58 鹿川キャンプ場に戻って来ました。
d0345153_20020050.jpgd0345153_20021609.jpgd0345153_20285694.jpg







<往路>駐車場~10分~登山口~73分(40分)~徒渉点①~52分(25分)~徒渉点②
*この日の『かず』は調子が悪く、コースタイムの倍の時間がかかっています。
途中で登山を断念しようかと何度も考えました。
徒渉点②~5分(5分)~林道出会~5分(5分)~徒渉点③~12分(10分)~鉾岳
*昼食後は、元気が回復してほぼコースタイムで歩いています。

[PR]
by kazunoko0911 | 2017-10-09 20:30 | 宮崎 | Comments(0)

登山記録


by かず