子どもと一緒に登山2

kodomoyama.exblog.jp
ブログトップ
2017年6月18日(日)晴れ
河頭山(213m)花尾山(351m)帆柱山(488m)

危険度★☆☆☆☆
体力度★★☆☆☆ 3座縦走ですが、アップダウンが少なく歩きやすい。
魅力度★★★☆☆ 市街地からすぐの場所で、自然林が残っており魅力ある山です。
          河頭山と帆柱山からの眺望がないことがマイナスポイント。


河頭山公園~13分~河頭山~8分~花尾山分岐~40分~花尾の辻
花尾の辻~32分~帆柱山~23分~花尾の辻~12分~花尾山~52分~河頭山公園
3時間20分(含昼食時間)


10:19 河頭山公園駐車場  駐車場奥の河頭山への登山口  10:22 河頭山への登山道
d0345153_18540529.jpgd0345153_18541496.jpgd0345153_18544390.jpg






10:25 河頭山不動明王への案内板 10:32 河頭山の石碑  山頂広場は夏草で覆われていました。
d0345153_18551368.jpgd0345153_18552246.jpgd0345153_18553198.jpg






10:33 至る所にモニュメントがあります。
d0345153_18554227.jpgd0345153_18560392.jpgd0345153_18561453.jpg






10:36 河頭山山頂標識   10:42 河頭山から下りる   10:45 花尾山登山口分岐
d0345153_18564488.jpgd0345153_18572105.jpgd0345153_20011990.jpg







10:47 珍しい廃車がありました。 10:48         (左)花尾山(右)帆柱山
d0345153_20014907.jpgd0345153_20021944.jpgd0345153_20024904.jpg







10:54 車道を横断して、住宅街を行く。登山道案内はあります。  
d0345153_20032350.jpgd0345153_20035327.jpgd0345153_20042361.jpg






11:00 花尾公園入口    11:05 花尾ノ泉へ向かう。すぐに広い登山道に。
d0345153_20045255.jpgd0345153_20052353.jpgd0345153_20055350.jpg






11:10 花尾ノ泉。ほとんど水はありません。11:19 東屋 11:25 花尾の辻
d0345153_20062330.jpgd0345153_20065415.jpgd0345153_20072433.jpg







11:26 花尾城址石碑    11:36 帆柱山への縦走路  11:49 帆柱山まで300m
d0345153_20154039.jpgd0345153_20155682.jpgd0345153_20161278.jpg







11:54 帆柱分岐      11:57 帆柱山山頂     基準点
d0345153_20162348.jpgd0345153_20165750.jpgd0345153_20171656.jpg







12:11 帆柱山から     12:15 花尾山へ      12:22 帆柱の辻
d0345153_20173349.jpgd0345153_20174324.jpgd0345153_20180892.jpg






12:26 めぐみの森コース分岐 12:32 内藤陣山跡    12:38 花尾の辻
d0345153_20182017.jpgd0345153_20183066.jpgd0345153_20185397.jpg






12:42 花尾山山頂へ    12:50 花尾山山頂    展望台
d0345153_20191411.jpgd0345153_20200774.jpgd0345153_20201746.jpg






展望台からの眺め
d0345153_20205775.jpg



山頂        12:55 花尾城跡案内板       広場  
d0345153_20203360.jpgd0345153_20211232.jpgd0345153_20212452.jpg






13:02 馬場跡      13:07 ヤグラ台跡      13:26 花尾公園入口
d0345153_20215130.jpgd0345153_20220307.jpgd0345153_20223032.jpg






13:31 花尾西登山口バス停  13:36 河頭山公園内を下りる  13:42 駐車場へ
d0345153_20224426.jpgd0345153_20225707.jpgd0345153_20232497.jpg







13:42 河頭山公園着
d0345153_20234541.jpg
[PR]
# by kazunoko0911 | 2017-10-11 20:37 | 福岡県(百名山以外) | Comments(0)

68 鉾岳

2017年7月16日(日)晴れ
鉾岳(1277m)九州百名山地図帳

山の危険度★★★★☆(雌鉾に登れば★★★★★)
体力度★★★☆☆(子ども基準)
魅力★★★★☆
子どもと一緒に登山する場合の基準を星で表しました。
大人であれば楽な山も、子どもと一緒では難易度が違ってくると今までの経験から表してみました。
危険度★★★★☆は滑落の危険性がある山。
★★★★★は岩場へハシゴやロープを使って上がる必要がある山であることを表します。


屋久島永田岳以外の百名山はすべて登頂。
2017年春に屋久島遠征をしましたが、天候に恵まれず永田岳に登れていません。
来年春に再度チャレンジしたいと考えています。
今は、近くの低山と九州百名山地図帳の中で印象的だった山に再度登っています。


8:56 駐車場、きちんと駐車料金を支払い出発。     8:58 キャンプ場横を通過。
d0345153_20271785.jpgd0345153_20272916.jpgd0345153_20274532.jpg






9:06 登山口      9:08 木彫りの置物のお出迎え。 9:25 急登に息も絶え絶え。
d0345153_20280145.jpgd0345153_20281102.jpgd0345153_20282609.jpg






10:07 スラブ取りつき点   10:12 大滝         10:19 徒渉地点①
d0345153_20285837.jpgd0345153_20292612.jpgd0345153_20294533.jpg







徒渉点①から先は、危険な個所が多数あるので安全を確保して登山を行いました。
特に、ハシゴ①からスラブ上の登山道の間は、滑落すると命にかかわります。
子どもは何が起こるかわかりません。安全の確保だけはしっかりしておいた方がいいと思います。


10:46 ハシゴ①      10:48 ハシゴ②        10:59 ロープが張られた登山道
d0345153_20300101.jpgd0345153_20302673.jpgd0345153_20304079.jpg






11:06 スラブ上の登山道  11:11 徒渉地点②    ここで、昼食にしました。
d0345153_20305396.jpgd0345153_20312498.jpgd0345153_20313392.jpg






11:29 昼食後、鉾岳へ    11:34 林道出会い      11:39 林道から鉾岳へ
d0345153_20314846.jpgd0345153_20315817.jpgd0345153_20321976.jpg






11:51 鉾岳(雄鉾)山頂    11:51           12:36 雌鉾
 d0345153_20322814.jpgd0345153_20325280.jpgd0345153_20331172.jpg






13:02 雌鉾分岐     13:09 林道出会い    13:27 展望所からの鉾岳
d0345153_20334752.jpgd0345153_19563688.jpgd0345153_19565791.jpg









滝見新道を利用したほうが、鉾岳の魅力が増します。
滝見新道を復路に利用しましたが、傾斜がきつく往路に利用したほうが安全です。
子どもには、滑落防止のスリングを装着して下山させています。

13:40 鉾岳展望所分岐    13:55 滝見新道を下りる  14:10 
d0345153_19571597.jpgd0345153_19575124.jpgd0345153_20003586.jpg








14:17 大滝をバックに記念撮影  14:19 滝見新道分岐  14:23 徒渉点①
d0345153_20005715.jpgd0345153_20011534.jpgd0345153_20015034.jpg









14:53 登山口       14:58 鹿川キャンプ場に戻って来ました。
d0345153_20020050.jpgd0345153_20021609.jpgd0345153_20285694.jpg







<往路>駐車場~10分~登山口~73分(40分)~徒渉点①~52分(25分)~徒渉点②
*この日の『かず』は調子が悪く、コースタイムの倍の時間がかかっています。
途中で登山を断念しようかと何度も考えました。
徒渉点②~5分(5分)~林道出会~5分(5分)~徒渉点③~12分(10分)~鉾岳
*昼食後は、元気が回復してほぼコースタイムで歩いています。

[PR]
# by kazunoko0911 | 2017-10-09 20:30 | 宮崎 | Comments(0)
仕事が落ち着いてきたので、忙しくて記事にすることが出来ていなかった登山記録を
少しずつアップしようと思います。


2017年8月12日(土)晴れ
風師山(362.2m)風頭(364.3m)矢筈山(266m)
[福岡超低山100のDATA]単純標高差280m 所要時間の目安 2時間50分
<山の危険度>★☆☆☆☆
<体力度>★★☆☆☆
<山の魅力>★★★☆☆
子供のもり公園駐車場    駐車場横には、トイレと休憩所
d0345153_21164813.jpgd0345153_21180867.jpgd0345153_21181752.jpg






風師山コース案内図     11:29 貯水池沿いの歩道   11:32 登山道へ
d0345153_21182808.jpgd0345153_21192500.jpgd0345153_21195278.jpg






11:55 急な登りをジグザグに    11:58 水場分岐    12:09 最後は緩やかな登山道
d0345153_21204813.jpgd0345153_21205705.jpgd0345153_21211987.jpg







12:11 尾根分岐      12:17 風頭(364.3m)     モニュメント
d0345153_21212995.jpgd0345153_21221038.jpgd0345153_21222763.jpg







風頭山頂標識          三角点         風頭からの景色
d0345153_21233367.jpgd0345153_21235847.jpgd0345153_21245182.jpg







12:52 昼食後、矢筈山へ   12:55 尾根分岐付近の登山道  12:59 風師山(362.2m)
d0345153_21255282.jpgd0345153_21260766.jpgd0345153_21265002.jpg







風師山山頂標識      13:07 南峰付近の登山道   13:10 奥田峠分岐
d0345153_21270046.jpgd0345153_21270948.jpgd0345153_21274018.jpg








13:10 矢筈山への登山道   13:22 小森江バス停分岐   自然林の尾根道は歩きやすい
d0345153_21281060.jpgd0345153_21281945.jpgd0345153_21282805.jpg







13:26 矢筈山まで700m    13:33 矢筈山山頂広場  13:42 キャンプ場トイレ
d0345153_21284255.jpgd0345153_21293479.jpgd0345153_21294399.jpg







13:45 やっと見つけた矢筈山山頂標識 13:53 倉庫跡    13:56 シュナイダー広場
d0345153_21300079.jpgd0345153_21301183.jpgd0345153_21302881.jpg






シュナイダー広場標識      14:01 倉庫跡見学
d0345153_21501965.jpgd0345153_21503136.jpgd0345153_21515042.jpg






14:04 キャンプ場展望台からの眺め 14:26 
d0345153_21520320.jpgd0345153_21533098.jpg







子供のもり公園~42分~分岐~6分~風頭~3分~分岐~4分~風師山
風師山~5分~南峰~5分~奥田峠分岐~28分~矢筈山
矢筈山~26分~子供のもり公園
*子供のもり公園から分岐までが頑張りどころです。残りの行程は、尾根道歩きです。
*トイレは駐車場と矢筈山キャンプ場のトイレが利用できます。
*子どもと一緒に登山には適した山だと思います。
[PR]
# by kazunoko0911 | 2017-10-07 20:25 | 福岡県(百名山以外) | Comments(0)

大目配(古賀市)

2017年10月1日(日)くもり
久しぶりの登山は『福岡超低山100』で紹介されている大目配(409.7m)
本に掲載されているDATAでは、往路1時間 復路50分

<危険度>★☆☆☆☆(復路の道を利用した場合★★☆☆☆)
<体力度>★★☆☆☆(実際は★☆☆☆☆に近い)
<山の魅力>★☆☆☆☆
駐車場にはトイレが完備
d0345153_21035190.jpg









13:57 駐車場出発   13:58 すぐにゲートがあります。14:04 ここで周回路から外れて左へ
d0345153_21052155.jpgd0345153_21061815.jpgd0345153_21071360.jpg






14:05 右手に取付点の案内。杉の植林帯を登って行きます。14:11 このような案内矢印が
                                 所々に現れます。
d0345153_21120840.jpgd0345153_21121992.jpgd0345153_21123694.jpg






14:18 尾根道傾斜が緩やかに   14:29 再び登り     14:36 自然林の中を行く
d0345153_21184412.jpgd0345153_21185614.jpgd0345153_21211839.jpg






14:48 大目配山頂        大目配(スバイ山)の説明文    三角点
d0345153_21245872.jpgd0345153_21251998.jpgd0345153_21253499.jpg






15:09 山頂をあとに、分岐を右に  15:10     15:12 行く手を倒木がさえぎる
d0345153_21260844.jpgd0345153_21262497.jpgd0345153_21263762.jpg






15:17 かなりの急傾斜を下りる。道も不明瞭なところが多い。15:22 薬王寺峠(310m)
d0345153_21265614.jpgd0345153_21271090.jpgd0345153_21272817.jpg






15:22 薬王寺峠    15:32 登山道は整備されていません。15:42 川に出ました。
d0345153_21274905.jpgd0345153_21290843.jpgd0345153_21295735.jpg






15:48 川沿いを行く。   15:56 何度か川を渉ります。 15:57 林道終点にありました。
d0345153_21301116.jpgd0345153_21303677.jpgd0345153_21311373.jpg






16:00 溜池地点
d0345153_21312807.jpg






この後、河内池の周回路を歩いて、駐車場まで戻りました。
復路に使った登山道は、急傾斜の登山道や不明瞭な崩落している登山道もあり、
登山に慣れている方向きです。
超低山100にあるように、往復とも同じルートが子どもと一緒に登山するにはお勧めです。
ただし、山頂からの展望はないし、単調な植林帯の中を登るので
子どもと一緒に登山するのには、お勧めしません。
古賀高校が昔、鍛錬遠足で復路の登山道を登っていたことは今では信じられません。


往路 駐車場~8分~取付き点~43分~山頂  51分
復路 山頂~13分~薬王寺峠~35分~林道終点~19分~駐車場 67分
かずの一言『帰りの道は、とても大変な道なので行かないほうが良いと思った。』
[PR]
# by kazunoko0911 | 2017-10-03 22:17 | 福岡県(百名山以外) | Comments(0)

篠栗九大の森

2017年8月26日(土)晴れ 『かずみちの社会科見学』第3弾 
篠栗九大の森へラクウショウ(ヌマスギ)を見に行ってきました。
ラクウショウは、湿地や水につかる場所でも生育できる木。北米原産の木だそうです。


d0345153_21484134.jpg


南口駐車場に停めました。トイレと自動販売機が設置してあります。
1周2km 30分  標高35m 高低差16mのウオーキングコース
ラクウショウだけが目的なら北口駐車場が近くて便利です。


d0345153_21485337.jpgd0345153_21491073.jpg

南口にあるゲート
遊歩道のようす



d0345153_21492933.jpgd0345153_21495669.jpg
マダケの林付近
池の傍まで行ってみました。
自然がそのまま残った池



d0345153_21501559.jpg

くりのき広場・こなら広場・えこのき広場などを通り過ぎて行くと
ようやく目的のラクウショウに出会えました。



d0345153_21502984.jpg


夏場は、水位が下がって根元が水に浸かった状態ではなかったのですが、
水辺で生育しているラクウショウを見れて良かったと思います。


かずの一言『根っこの形が不思議な形をしていたので、驚きました。
水に浸かっていなかったので、悲しかった。水に浸かっているときに、また見てみたい。』

d0345153_21504437.jpgd0345153_21510575.jpgd0345153_21512367.jpg
[PR]
# by kazunoko0911 | 2017-09-02 12:05 | 日々のこと | Comments(0)

登山記録


by かず